2010年03月13日

Yuji村上師のレクチャーで

3月7日に、大阪でYuji村上師のレクチャーがありましたので、参加しました。

2時間半ぐらいのレクチャーで楽しむことができました。どうして、「Yuji村上」という名前になったのかというお話には笑ってしまいました。

そのレクチャーの最初の作品「Sound Trap」は、不可能なカード当てだったと思うのですが、ちょっとショックなことがありました。レクチャーが終わった後の質問で、ある方が、「今日の作品の中で実際にバーなどでよく演じるのはどれですか?」と質問されました。Yuji村上師が答えられた後に、こう付け足されました。「Sound Trapは、やらないですね。現象が地味ですから。」と。

不可能性が高いマジックでも現象が地味だとあまり受けないのでしょう。特にバーなどではそうかもしれません。

メンタルマジック事典の中で松田道弘師はメンタルマジックの問題点として、「退屈である。ビジュアルなものがないため、ふしぎさはあっても面白みがない。一度みてしまえば、もういちどみたいとという気になれない」(メンタルマジック事典 p190)と指摘されています。Yuji村上師もこの辺を実感されているのではないか?と推察するわけです。

さらに、松田師は、「結果が容易に予測できる」ことも指摘されています。予言、当てもの(透視)など現象が乏しいというわけです。マジックにとって結末の意外性は重要なわけですが、これが観客に予測されてしまうというのは、ある意味致命的です。

不思議なマジック=ウケるマジック とは限らないということです。

では、どうすればよいのか?これについては自分の考えをまとめているところです。



posted by KENJI at 20:41| マジック関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

Card Magic Library第5巻

加藤英夫師のCard Magic Library第5巻が発売されました。

Card Magic Libraryについてはこちらからどうぞ。

Card Magic Library第5巻の目次はこちらからどうぞ。

数理的原理を用いたカードマジックが多く収録されています。
その作品数なんと140点です。7840円と結構な値段ですが、内容、ボリュームなどコストパフォーマンスは高いです。

メンタル系のカードマジックが多く収録されていて、K-SYSTEMも使える作品もあったります。まさしく、アイデアの宝庫と言ってよいでしょう。

数理的原理が目立たないようにしている手順、演出も素晴らしいです。

とにかく、お奨めの書籍です。マストバイですね。
posted by KENJI at 08:52| マジックグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

予言を書くときに・・・

MIKAMEさんから『おみくじ箱』というマジックが発売されています。

これがその動画です。

この動画は、『おみくじ箱』の宣伝を目的として作られたと思うので、細かいことを気にしてはいけないのですが(気にすべきでないのですが)、まぁ、1つのきっかけが与えられたものとして、ちょっと述べみます。

動画が始まって、1分くらいしたところで予言を書く場面がでてきます。ところがペンの動きで「9」と書いたことがわかってしまうのですね。おみくじ箱からも「9」が出てきて、予言と一致することになるのですが、一致したという感動がなくなってしまうわけです。すでに予言がわかっているからです。

予言マジックのハイライトは、予言が一致するところなんですが、それが前もってわかってしまっては、元も子もないわけです。

予言を書くときは、ペンや腕の動きで何を書いたか悟られないようにしないといけないわけです。


『おみくじ箱』自体は、面白そうなので購入するつもりです。
posted by KENJI at 09:27| マジック関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

ダークアイ

K-MAGICで、『Magic Of Mark Leveridge Vol.2 Envelope Magic 』発売中です。
2010円という価格でかなりお得です。
いつもの3倍の量を仕入れたので、まだもう少し在庫があります。よろしければどうぞ。


DARK EYE

フェザーさんで購入しました。現象は、演者が後ろを向いている間に、2人の観客にデックをカットしてもらったカードを覚えてもらいます。それを演者が当てるというものです。詳しくはこちらからどうぞ。

観客にとっては、手がかりのない状態と思えますのでかなり不思議に感じると思います。この種の原理をご存知ない方には、知っていても損はない原理だと思います。


ただし、この原理はすでに『Ceremony of the IMMORTALS』というマジック(うりネタ)で発表されています。『DARK EYE』の原理はこれと全く同じです。『Ceremony of the IMMORTALS』の方はメモ帳を使いますが、『DARK EYE』を使いません。そこが『DARK EYE』のアイデアだということだと思います。
posted by KENJI at 09:58| マジックグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

SICK

以前の私はジャンルを問わず色々なマジックグッズ、DVDを購入していました。
しかし、数年前からは、メンタル系のマジックだけを購入するようにしています。理由は予算的なものもありますが、実際に購入してもちょっと触ってそのままになってしまうことが多いからです。

このDVDはコインマジックのDVDなのですが、久しぶりにメンタル系以外で購入したいと思ったマジックDVDです。

以下の動画からも素晴らしい内容であることがお分かりになると思います。

↑の見た方のコメントもいい感じですね。
冒頭のシーンは、フレンチドロップのお店の前に道です。


購入する前から、「自分ではとても無理だろう。観賞用として購入しよう。」と思っていました。購入して、やはり自分に無理だとわかりましたが、購入して良かったです。十分に価値がありました。まぁ、目の保養ができた感じですね。
posted by KENJI at 23:58| マジックグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

ULTRACINESEなど

明けましておめでとうございます!

本年も、良質のメンタルマジックを販売したいと思っています。
よろしくお願いいたします。

さて、前から気になっているマジックがあります。
まだ、発売はされていません。

『ULTRACINESE』というマジックです。以下がその動画です。



◎借りたボルトとナットでOK
◎糸、マグネットなし
◎準備不要
◎改めOK

とあります。とりあえず、購入しようと思っています。
posted by KENJI at 16:24| マジックグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

S.U.M. Deck

P1030058.JPG

ご無沙汰しております。

今日は、『S.U.M. Deck』のレビューです。

いわゆるマークドデックです。

写真のようなデザインになっています。
ちょっと安っぽいデザインのような気がします。U.S. PLAYING 社製なので品質は良いです。このデックのエースのデザインは独特ですね。

マークは大変読み取りやすいです。裏面には、そのカードのマークと1つ手前のカードのマークが施されています。配列は独特で、完全に混ざっているように見えます。たぶん、このデック独自の配列なのでしょう。スーツもバラバラです。

ひっかかるとしたら、結局、バイシクルでないというところだけでしょう。私は全然問題ないと思っています。ただし、このデックの存在を知っている方には、当たり前ですが通用しないですね。このデックを取り出す=マークドデックを取り出すとなってしまいますから。

バイシクルでないことを除けば、非常に良いデックだと思います。

ちなみに、写真のカードは、ハートの7になります。

posted by KENJI at 20:16| マジックグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

新製品のお知らせ

新製品のお知らせです。(11月29日発売開始予定)
『Cataclysm』・・・強烈な予言マジックです。K-MAGICの日本語手順解説書とアイデアが付いています。送料込みで3000円です。
http://kmagic.ocnk.net/product/55


『Heirloom WALLET』・・・大変良くできたマルチプルアウトウォレットです。

http://kmagic.ocnk.net/product/56


以上2点です。

posted by KENJI at 16:52| K-MAGIC宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

メンタル・プリーズ

フォーサイトの『魔法修行第5号』に載っている平木師の作品です。

10枚のESPカードを使ったメンタルマジックです。

現象は、ある方法で5組のペアを作るのですが、それらのシンボルが完全に一致して
いるというものです。

現象がはっきりしている
観客がカードを扱う
ノーギミック
怪しいところがない(クリア)

という良い作品となる要素をすべて満たしています。

この作品だけでも、十分この冊子を買う価値があると思います。
文章を読むだけでは、素晴らしさがわからないので、ぜひ実際に実演してみて下さいね。

私はご本人から見せていただきましたが、今でも非常に印象に残っています。

師は、K-MAGICからも『SYSTEM TRIAL』というM-DECKを使った作品集を出版されています。
posted by KENJI at 17:40| マジックグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

I Dream of Mindreading

 観客に1枚のカードを思ってもらいます。その思ったカードに応じて、ある規則でカードを配ってもらいます。その間、演者は後ろを向いています。配り終わったら演者は前を向き、観客が思ったカードを当ててしまいます。
 観客はカードの配列などに仕掛けがあるのだろうと思うかもしれませんが、すべてのカードはブランクフェイスにです。

 フレンチドロップさんのところで動画を見ることができます。

ちなみに、この商品は単体として発売していますが、
Talk About Tricks (3 DVD Set) by Joshua Jay - DVD
の第2巻に解説があります。フレンチさんの動画もこれを使っています。

私は、このDVDを持っているのですが、危うく単体を買うところでした。

易しくできて客受けも良いので、お奨めできるマジックだと思います。

posted by KENJI at 17:34| マジックグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。