2010年05月16日

おみくじ箱

以前、予言の書き方で触れました『おみくじ箱』です。

ネタは予想通りでしたが、大変良く出来ています。

現象はご存知の方も多いと思いますが、おみくじ箱に1から40までの数字の書いた棒(ステック)を入れて、蓋をしてよく混ぜ、小さな穴から棒を1本取り出します。その棒に書かれた数字が予言されているというものです。

大切なことは、このマジックをどのように使うかということでしょう。

単に、次に出てくる棒の数字を予言するというのであれば、箱に何か種があることを観客に伝えているようなものです。まず、マジックの途中におみくじ箱というは、あまりにも唐突過ぎるのではないでしょうか?おみくじ箱が出てきた時点で、かなりあやしいです 汗   普通、おみくじ箱なんて持っていませんから。

おみくじ箱が主役になっていはいけないと思います。なるべく目立たぬよう脇役で・・・。

トランプという洋式のものに、おみくじという和式も組み合わせも合わないですよね。

演出が大切だと思います。例えば・・・・・!



posted by KENJI at 20:54| マジックグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。