2010年04月18日

One

Will Tsai師のOneです。

4色の色がついた紙があります。4人の観客に、それぞれ1枚ずつ紙を持っ1列に並んでもらいます。その後、自由に並び直してもらいますが、その色の並びが予言されいます。

詳しくはこちらからどうぞ。(フェザーさんの商品ページ)


商品の感想の前に・・・

マジックを購入するというのは、ある意味アイデアを購入するということだと思います。この感覚がないと、「どうしてこのネタで、こんな値段になるんだ?」となってしまいます。マジック自体の原価はほんの少しです。ほとんどがアイデア料といっても過言ではないでしょう。(もちろん、素晴らしい加工が施された商品もあります。)

そして、メンタルマジックにこの傾向が強いように思えるのです。それは、メンタルマジックがアイデア勝負だからなのかもしれません。


この『One』も、ほとんどがアイデア料です。あとは、アイデアと定価がつりあっているか?ということです。これは、個人の考えに大きく左右されると思います。私自身はつりあっていると思いました。このアイデアは強力です。と同時に、なぜ気づかなかったのだろうと悔しい思いもしました。結構近いところまでは、以前考えたことがあるのですが・・・残念!

応用が効くアイデアで、メンタルマジックにはもってこいです。

このアイデアが、5985円の価値があるかないかは、さっきも書きましたように、その人の価値観によるでしょう。


posted by KENJI at 00:22| マジックグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。