2010年03月21日

Outta-sight

いわゆるトスアウトデックです。

デックの端を輪ゴムで縛って、観客に渡します。観客に好きなところでデックを分けてもらい、カードを1枚覚えてもらいます。これを3人ぐらいの観客にくり返してもらいます。演者はなんの質問もなく3人が覚えたカードを当ててしまいます。

今までのトスアウトデックと違って、
◎カードの改めができます。
◎何の質問もなく、どんどん観客のカードについて絞っていきます。
    「あなたのカードは黒いカードですね?」
    「あなたのカードは◯◯ですね?」
  など。
  観客は決して途中で「いいえ」とは言いません。

フェザーさんで購入しました。

解説を読んで「なるほど」と思いました。メンタルマジックらしいアイデアと巧妙な手順が素晴らしいです。

値段も高くないし、コストパフォーマンスは高いです。
また、この『Outta-sight』のアイデアは色々と応用が効くと思います。

気を付けるとすれば、ある程度の人数が集まっていないと演じにくいということです。10人ぐらいはいてほしいですね。


posted by KENJI at 16:28| マジックグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。